フルショウヒストリィ

(創業/勃興期)創業|古荘精神の原点、ここにあり。

創業

創業者古荘健二は1877年(明治10年)、西南戦争で荒廃し、着るものが不足していた熊本市民に衣類を供給するために京都から古着を仕入れてきて販売することから商売を立ち上げた。「情を尽くして理に従う」をモットーに着実に事業を拡大し、京都、大阪、そしてフィリピンのマニラに拠点を構えるまでになった。

古荘健次が作り上げた「店員心得法十カ条」は、「一、骨惜しみをするな 二、遊びにふけるな 三、労を人に譲るな 四、功を誇ったり、他人の功を横取りするな 五、無駄使いをするな 六、不平を言うな 七、給料が少ないと言うな 八、ハデなことをするな 九、生意気を言うな 十、いばったり、おこったりするな」という厳格な前垂精神を反映したものであり、古荘精神の基礎となった。

page down

page top

(拡大/最盛期)二代目古荘健次郎の時代|従業員1万人の地方財閥に。

拡大

大正15年、古荘健次郎が2代目社長に就任。当時36歳であった。「仕事は人の器の大きさで決まる」と考えていた健次郎は思い切った人材導入を行い、その人材を適材適所に配置し、事業拡大を図った結果、最盛期には直接傘下の企業だけで約三十社、その従業員は海外を含めて約1万人に及んだ。

その主な企業は、古荘株式会社、古荘土地株式会社、古荘航空工業株式会社、株式会社古荘被服工業所、古荘商店(京都)、金貨メリヤス(大阪)、肥後無尽株式会社(後の肥後相互銀行)、株式会社銀丁呉服部、トキハ(大分)、代陽百貨店、繊維製品配給株式会社、九州産交、丸荘株式会社、城北航機株式会社(鹿本町来民)、熊本・鹿児島・宮崎の各県自動車配給株式会社、熊本車体製作株式会社、大阿蘇交通株式会社、株式会社矢答荘、和順染色工廠(青島)、フィリピン金貨メリヤス(マニラ)、東洋工興株式会社(マニラ)、株式会社明治屋(鹿児島)などである。
また、関係会社は井筒屋百貨店(小倉)、千徳、白木屋(東京)、三星(名古屋)、興国人絹パルプ(東京)、九州配電(福岡)、三陽航機、肥後銀行、日清生命(東京)、鋼板工業(川崎)、太平貿易など、国内や海外合わせて五十社近い企業群となった。

page down

page top

(戦後/復興期)原点回帰|地域と共に復興へ。

戦後

昭和16年、国の経済統制の影響で業務を縮小する最中、創業者古荘健二が八十四歳で死去。敗戦後の昭和21年、商工会議所会頭として、ガレキの町の整理、商工業界の建て直しに奔走した健次郎は急速に健康を害して床に臥す。連合国総司令部により、グループ各社が没収・解体に合う中で、昭和23年、健次郎57歳で没す。
三代目社長に健次郎の妻である古荘ハマが就任し、新生古荘本店株式会社を設立。古荘直系の熊本日産、熊本車体も相次いで設立、大分市のトキハも再興した。その後、戦後の経済民主化、鶴屋、太洋の大型デパート時代などを迎え、昭和28年、5年間社長を勤めた古荘ハマが社長を退き、代わってハマの実弟で熊本日産専務だった金沢大四郎が四代目社長に就任した。
金澤新社長は、関東、関西からの仕入ルートの強化と南九州を中心とした販売面の開拓に力を注ぎ、得意先の回復を図った結果、繊維事業は大幅に伸びた。同時に、従来の呉服中心だった業務内容を多様化し、和装、リビング、子供、紳士、婦人、肌着等の取り扱いを強化し、現在の繊維総合卸事業の業態の基盤を作った。

page down

page top

(近代/再最盛期へ)しんらい・みらい・あたらしい|これまで培った信頼を基盤に、未来を見据えて、ここに新たな挑戦の時代を迎える。

創業

昭和60年、五代目社長に古荘善啓が就任。善啓は営業エリアの拡大と事業の拡大を積極的に進め、現在の地方商社としての古荘本店の礎を築いた。 平成4年 福岡店オープン、平成5年 直営アパレルショップ1号店出店、平成6年 ドコモショップオープン、平成11年 鹿児島店オープン(平成22年クローズ)、平成15年 富士ゼロックス販売特約店として富士ゼロックス機器販売開始、平成17年 東芝ビジネスパートナーとして東芝エレベータ及び東芝空調・照明販売開始等。

そして現在、株式会社古荘本店は本業である繊維総合卸事業に加えて、アパレルメーカーとしての自社ブランド製品の製造・販売事業、直営店舗28店舗を構えてのアパレルショップ事業、富士ゼロックスや理想科学のドキュメント機器の販売を中心としたIT事業、東芝エレベータ、東芝空調・照明及びくろがね工作所製品販売を中心としたファシリティ事業、そしてドコモショップ4店舗の運営に加えて法人向けに携帯電話を核としたモバイルシステムを販売するドコモ事業等を柱にしながら、グループ会社である熊本日産グループ、古荘土地株式会社との連携を強化しつつ、業務の拡大を図っている。